専門医療センター

SHDセンターについて

SHDは「Structural Heart Disease」の略語で日本語では構造的心疾患と呼ばれます。心臓の構造に異常があることが原因となる病気を指し、代表的な疾患としては大動脈弁狭窄症・閉鎖不全症や僧房弁閉鎖不全症などが挙げられます。

当院ではこれらの疾患に対し、循環器内科医師と心臓血管外科医師を中心とした多職種からなるハートチームが治療にあたっています。

内科的治療

TAVI 大動脈弁狭窄症

MITRA-Clip 僧房弁閉鎖不全症

外科手術

MICS・ロボット心臓手術

ご挨拶

心臓弁膜症をはじめとしたSHDは、症状が出ているにも関わらず加齢からくるものと思い込んで、見過ごされている方も多くいると言われている病気です。当院ではハートチーム全体で患者様一人ひとりを丁寧に検討し、内科的治療、外科的手術のどちらかに偏ることなく、その方にとってベストとなる治療を提供しています。
昨今は体への負担が軽い低侵襲治療が選択できるようになっており、さらには、適応拡大により透析患者様への治療も開始されています。
まずはお気軽にご相談ください。

SHDセンター センター長
桃原哲也
副センター長
飯塚大介
副センター長
葉山泰史

お問合せ・ご相談について

患者様

当院循環器内科外来にお越しいただくか、無料メール相談(直通メールまたは問い合わせメールフォーム)をご利用ください。

センター長・副センター長直通メール:chibanishi.shd@gmail.com
お問い合わせメールフォームはこちら

循環器内科外来月曜日~土曜日(祝日除く)
担当医師(桃原/飯塚)外来木曜日 午前・午後

他施設の方(患者様のご紹介ほか)

地域連携室までご連絡ください。
TEL:047-384-8564
月~金曜日 8:30-17:00/土曜日 8:30-12:30